契約前に知りたかった!コミュファ光の口コミ

契約プラン

コミュファ光 ホームセレクト300

選んだ理由

2年ほど前にフレッツ光隼より変更。

フレッツから切り替えた理由は、隼のスピードが全く出ていなかったためです。
とは言えこれはフレッツ光が悪かったのではなく、調べてみたら光ファイバー以前のADSLの頃からずっと変更せずに利用していた地元プロバイダーが1Gの速度に対応していなかった為、隼にしている意味が全く無いことが判明し今回金額が安くて速度が300Mのコミュファ光に変更しました。

ところが、この工事の時に問題が一つ勃発。

何とファイバーを引っ張る電柱の許可がNTTからなかなか下りずに工事時期が遅れると言う連絡が工事施工会社から来たのです。
しかし私が契約していたフレッツの契約は、一般的なスマホの契約と同じように2年の契約期間終了後の1ヶ月ほどの猶予期間を過ぎると再び自動で契約されるようになっていた為に猶予期間の1ヶ月を超えてから解約すると違約金が取られてしまうことになるのですが、工事が遅れるとこの期間を過ぎてしまうのです。
しかも違約金が何と3万円ほどの高額料金。

ならば先にフレッツを解約しておけばいいのでは?と考えることも出来ますが、実はフレッツ光で「光電話」を利用しているためそちらを一度通常の電話に戻した上で再びコミュファ光の光電話にナンバーポータビリティで番号を同じで使えるようにしなければならないと言う、時間も手間も手数料もかかる状況だったのです。

もはやにっちもさっちも行かず、工事施工業者にこの旨を伝えたのですがあちらは期間内に工事が出来ないのでどうしようもないの一点張り。
話をしていて分かったのは、フレッツは契約から工事までおそらくNTT関係内で完結していると思われるのですが、コミュファは工事自体をコミュファが行っておらず契約している施工会社が工事しているようで話がうまくまとまっていないようでした。

そこでしばらく問答が続いた後に施工業者がコミュファに直接連絡を取ってくれて、最終的には工事は間に合わないため違約金相当の補填をコミュファがしてくれると言うことで話は落ち着き、無事にコミュファを開通することが出来ました。

工事に関してはいろいろありましたが、結局光の速度は隼の1Gよりも遅い300Mにしても実用上全く問題なく、月額料金も2000円ほど下がったのでコミュファに変えて個人的には満足です。

公式サイトはこちらからご覧ください
コミュファ光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です